『預かり保育事業システム e-AZUKARI』

文部科学省より2019年10月1日から、園児の「預かり保育」(預かり事業)を行っている幼稚園・保育所等に対し、「預かり保育」利用料の無償化(一部無償化対象外)が実施されました。

その制度を利用する幼稚園・保育所向けに、対象園児の地方自治体へ「預かり時間」の「実績・実施報告書」等の申請書の作成作業を正確・迅速に行うシステムです。
(「預かり保育」とは、保護者の希望に応じて、4時間を標準とする幼稚園の教育時間の前後や土曜・日曜、長期休業期間中に、幼稚園において教育活動を行うもの。)

「e-AZUKARI」の特徴

1.「登園・降園」の打刻をWeb上で行うため、正確な時間が得られる。

2.「平日・休日・長期休業日」のカレンダーを事前に簡単に作成できる。

3.「預かり時間」を該当園児ごと「平日・休日・長期休業日」別に自動集計され実績データが作成される。

4.「預かり時間」を「4時間以下・4時間超~6時間未満・6時間超~7時間未満・7時間超~8時間未満・8時間超~10時間未満・10時間超~11時間未満・11時間以上」等に自動集計され実績データが作成される。

5.「預かり時間」を地方自治体ごとに「月・半期・年」単位に申請書が作成される。

  • 「一時預かり事業に係る申請様式」
  • 「一時預かり事業(幼稚園型)委託料請求内訳書」
  • 「一時預かり事業(幼稚園型)実績報告書」
  • 「一時預かり事業(幼稚園型)実施状況報告書」

製品・クラウドサービス

勤怠管理システム

預かり保育事業システム

人材育成支援システムシリーズ

研究

サービス

当社開発サービス

みやぎ認定

ISO27001